山形県男女共同参画センター チェリアサイト内検索
お問い合わせ
 
 






山形県男女共同参画センター

〒990-0041
山形県山形市
緑町
1丁目2-36(遊学館2階)

TEL.023-629-7751

FAX.023-629-7752


相談専用電話

TEL.023-629-8007



公益財団法人
山形県生涯学習文化財団
 

お知らせ

インターネットエクスプローラー(IE11)をお使いの皆様へ

記事内容が表示されないなどの現象があります。
その場合は、以下の【互換表示設定】をお願いします。

【互換表示設定】
1.インターネットエクスプローラー(IE)で、チェリアサイトを表示。
2.IEの「ツール」(画面右上あるいは、タブの右にある歯車のマーク)をクリック
3.「互換表示設定」という項目があります。これをクリックするとウィンドウが表示されます。
4.追加するサイトの欄にhttp://yamagata-cheria.org/
が表示されていると思いますので、そのまま「追加」をクリック
5.「閉じる」をクリック
 

カウンタ

COUNTER396977
HOME > 男女共同参画情報テスト 
男女共同参画情報
 
男女共同参画が新しくなりました
 
山形県男女共同参画計画(概要版)

『男女共同参画会社』という言葉を聞いたことがありますか?

「男女共同参画社会」は、男女が個人として尊重され、ともに多様な生き方を選択でき、認め合う社会です。

男女共同参画の推進は次のステージへ

人口減少の加速化や核家族化の進行などの私たちを取り巻く環境が大きく変わっています。

山形県では、こうした社会情勢の変化や喫緊の課題に対応するため、平成23~27年度の5年間を計画期間とする新たな 「山形県男女共同参画計画」を策定しました。

この計画は、県民の皆様が充実した心豊かな生活が過ごせるよう、男女共同参画を認識して実践・行動し、みんなで連携・協力していく方向を示しています。

さあ、暮らしやすい"あったかい"山形県をみんなでいっしょに創っていきましょう!

山形県男女共同参画計画<概要版>の全文は山形県ホームページ上に掲載されています。

 
 
基本目標
一人ひとりが持てる力を発揮し、みんなが思いやり、支え合う山形県
「一人ひとりが持てる力を発揮し、みんなが思いやり、支え合う山形県」

性別や年齢などの属性に関わりなく、一人ひとりがそれぞれの個性や能力を十分に発揮し、家庭・職場・地域でそれぞれの役割を果たしながら、また、子育てや介護などは、個人に負荷をかけるのではなく、一人でできないところはお互いに補完し合い、みんなが思いやりを持って、支え合っていく山形県の実現をめざしています。

 
 
今までの山形県男女共同参画計画とどこが違うの?
この計画には、5つの特徴があります
この計画には、5つの特徴があります。

1. これまでの取組みを活かした対応

この10年間の取組みを踏まえ、継続して取り組む施策や新たな課題に対応する施策を総合的に展開しています。特に、これまでの取組みで十分進んでいない分野への取組みを強化します。

2. 対話を重視した県民参画型計画

山形県男女共同参画審議会委員や市町村担当者との対話を重ね、パブリック・コメントにより県民の意見を聴取するなど、県民、市町村との対話を重視した県民参画型計画です。

3. 普及啓発型から実践・行動型へ

"家庭・職場・地域の身近なところでの実践・行動"をコンセプトに、家庭・職場・地域での小さなこと、できることからの取組みを促す、実践・行動を重視した計画です。

4. 市町村・企業・NPOとの連携・協力体制の強化

県行政だけではできないことを、市町村・企業・NPO、女性団体などのみなさんと重層的に連携・協力しながら、あらゆる分野で男女共同参画を推進していきます。

5. 56の数値目標による達成度の進捗管理

現行計画の45の数値指標を上回る、56の数値目標を施策ごとに設定しています。さらに、それらを複合的に管理する数値目標を設定した新たな手法で男女共同参画を着実に進めます。

 
 
上に戻る
 
どんなことに取り組むの?
性別・年齢・働いているか・いないかにかかわらず、家庭・職場・地域で一人ひとりが輝けるように、家庭・職場・地域で、みんなで実践・行動を進めます。
性別・年齢・働いているか・いないかにかかわらず、家庭・職場・地域で一人ひとりが輝けるように、家庭・職場・地域で、みんなで実践・行動を進めます。
基本の柱Ⅰいきいきと働くことができる環境の整備

いきいきと働くことができる環境の整備

職場や家庭での実践を進めます。企業等での雇用や農林水産業・商工業等の自営業における男女共同参画の推進や、仕事と生活の調和を、企業・市町村・関係機関と連携して推進します。
基本の柱Ⅱ多様な人々が多分野で活躍できる環境の整備

多様な人々が多分野で活躍できる環境の整備

地域での実践を進めます。自治会活動など、地域での身近な男女共同参画の促進、女性の声を反映するための政策・方針決定過程への女性の参画の拡大などを、市町村などと連携して推進します。
基本の柱Ⅲ男女共同参画社会実現に向けた男女の意識の改革と人づくり

男女共同参画社会実現に向けた男女の意識の改革と人づくり

性別による固定的な役割分担意識と社会慣行の見直し、家庭・学校・地域で男女共同参画について学ぶことができる教育と学習の充実を、教育機関などと連携して取り組みます。
基本の柱Ⅳ安心できる生活の確保

安心できる生活の確保

女性に対するあらゆる暴力の根絶や、生涯を通じた女性の健康支援、生活上様々な困難を抱える人々への対応に取り組み、安心を確保できるよう取り組みます。
 
 
特に力を入れて取り組むのは?
img
 
重要分野1

仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)を推進します

■ 主な施策

  • 企業経営者への働きかけを強化し、仕事と生活が両立できる職場環境づくりを推進します。
  • 男性の家事・育児への参画を促進し、家庭における男女共同参画を推進します。
  • 子育ての不安感と負担感を解消し、県民みんなで子育て支援を行う取組みを拡充します。
  • 介護が必要な方のニーズに応じた介護サービスの提供など、介護支援対策を拡充します。
img

■ 主な数値目標

一般事業主行動計画策定届出件数平成27年度まで250件
ワーク・ライフ・バランスを実践する企業数平成27年度まで1,000社
 
重要分野2

地域における身近な男女共同参画を促進します

■ 主な施策

  • 市町村の男女共同参画計画の策定を促進するなど、地域における男女共同参画の基盤づくりを行います。
  • 既に就任されている女性自治会長をロールモデルとして紹介するなど、自治会やPTA活動への女性の参画を促進します。
  • 地域での防災活動への女性の参画や、観光ボランティアガイド・環境アドバイザーなどへの女性の積極的な起用を推進します。
  • ボランティア・NPO活動における男女共同参画を促進します。
  • 農山漁村における女性の地位を向上し、誰もがその持てる能力を発揮できる環境づくりを行います。
img

■ 主な数値目標

市町村における男女共同参画計画の策定率平成27年度まで60%
農山漁村における女性起業活動数平成27年度まで400件
 
重要分野3

政策・方針決定過程への女性の参画を拡大します

■ 主な施策

  • 関係団体と連携して、政策・方針決定過程へ参画する人材を養成します。
  • 県や市町村における審議会等委員への女性委員の積極的な起用を行い、あらゆる分野で女性が県民代表として発言できる機会を拡大します。また、県や市町村の女性職員を積極的に登用します。
  • セミナーなどの開催による組織のトップへの働きかけを強化し、企業や労働組合、各種団体などにおける方針決定過程への女性の参画を促進します。
img

■ 主な数値目標

県審議会等委員に占める女性委員の割合平成27年度まで50%
市町村審議会等委員に占める女性委員の割合平成27年度まで30%
 
上に戻る